インターンシップ

【インターンシップが怖すぎる】悩みを劇的に解消する3つの方法

【インターンシップが怖すぎる】そんな悩みを解消する3つの方法

先日、こんなツイートを発見しましたので、解説していきます。

インターンシップが怖いからいけないという内容ですね。

記事の読者
「自分より優れている人だらけだろうなぁ」「人間関係大丈夫かなぁ」「マナーきちんとなっているかなぁ」....
怖い原因は、自信のなさと、さきのことを考えすぎです。

最後にはインターンのQ&Aもあります。では、そんな悩みを解決していきましょう。

インターンシップが怖いを解消する3つの方法

インターンが怖いを解消する3つの方法

  1. 完璧な人間なんていないと思い込む
  2. 欠点は短所でもあり、長所にも化ける
  3. さっさと応募して、逃げられない環境を作る

それぞれ、解説していきます。

完璧な人間なんていないと思い込む

さきのことを考えて、落ち込む人の大半は自分に対しての理想が高すぎです。

自分に求めすぎても意味がありませんよ。「失敗してもいいや」くらいで行くのがBEST。

僕も、高校時代のバレーボールの大会では、失敗できない。全部成功してやる。という気持ちでやるよりも「失敗してもいいから次」と考える方が、成功率が上がりましたね。

欠点は短所でもあり、長所にも化ける

は?欠点は、短所だろ!!

いえ、長所に化けます。

たとえば、繊細で傷つきやすい人は、人の心を理解してやさしい気遣いができます。
優柔不断は、慎重。頑固は、負けず嫌いなど、短所は簡単に長所になります。

今回の「インターンシップが怖い」は「先のことを考えて手出しができる」というのに化けます。

先のことをよく考えている証拠ですからね
ナカヤン

先のことを考えて動ける力は、今後社会に出てから強力な武器になります。

だから、楽観的に考える癖をつけていきましょう。

さっさと応募して、逃げられない環境を作る

怖いからいけないという人に向けた内容です。

さっさと応募して、逃げられない環境を作りましょう。
そして、あとは時間にゆだねましょう。

インターンなんて、就活の練習ですし、全然何とかなりますよ。

私もよく受験時には、逃げないようにアプリを消したりしました。超効果的です。
ナカヤン

インターンに行こうか悩んでいる人向けに、下記の記事にて解説しています。
> >インターンに行こうか悩むあなた必見のアドバイス【実体験もアリ】

インターンが怖いならメリットをもう一度考え直そう

インターンが怖いならメリットをもう一度考え直そう

インターンに行くメリット

  1. マナーが身につく
  2. 実際に職場で体験するのでマナーが身につきます。

  3. 自分の仕事に対するイメージと実際の仕事のずれがわかる
  4. 基本的に、自分の想像通りというのはありません。

  5. 就活で有利になる
  6. 社会的マナーが身につきますし、面接のネタにもなります。社員からアドバイスももらえます。

  7. 一緒に参加した人と仲良くなって就活のモチベが上がった

インターンに関するよくあるQ&A5つ【疑問をすべて解消】

インターンに関するよくあるQ&A5つ【疑問をすべて解消】

よくあるQ&A

①:インターンシップ参加者は多いの?

②:短期インターンと長期インターンどっちがいい?

③:インターンシップのおすすめ求人サイトは?

④:友達ってできるの?

⑤:基本的にいつごろ参加するのがBEST?

①:インターンシップ参加者は多いの?

マイナビによると、学生のインターン参加率は79.8%です。
8割は参加しているということになります。

3年生が大半を占めていて、次いで2年生、1年生です。最近では、2年生と1年生も参加が増えてきています。

②:短期インターンと長期インターンどっちがいい?

短期インターン → やりたいことが決まっていなくて、たくさん経験したい人向け

長期インターン → 社会的マナーを身につけたり、就活を有利にしたいなど成長したい人向け

基本的には、長期インターンがおすすめです。

下記の記事にて、長期インターンと短期インターンを比較して徹底解説しています。気になった方はどうぞ。
> >インターンとは?就活を有利にしよう【おすすめの職種も解説】

③:インターンシップのおすすめ求人サイトは?

長期インターンなら、ユアターンがおすすめです。

2019年にできたサイトでして、最新の今の時代に合った案件があります。学びつつ成長したいならここ一択。

ユアターンの評判が気になる方は、【ユアターンの評判】口コミと特徴を徹底的に解説するからご覧ください。

④:友だちってできるの?

基本は、できると思います。
参加者とのペアワークとかもあったりするので、友だちができる機会は全然あります。

こんな感じで、割と友だちは簡単に作れますので、心配はいらないかと。

⑤:基本的にいつごろ参加するのがBEST?

夏の7~9月が参加者が多いです。

夏休み期間にインターンの応募が急増します。

次いで、冬です。この時期は、就活直前ということもあり内定が直結することも多いです。

基本的に、一年中できますが、長期休暇とかぶっているこの時期が参加者多めです。

インターンシップ怖い:まとめ

インターンシップ怖い:まとめ

インターンの怖いという悩みは、晴れたでしょうか。

最後に内容をまとめて終わります。

  1. 完璧な人間なんていないと思い込む
  2. 欠点は短所でもあり、長所にも化ける
  3. さっさと応募して、逃げられない環境を作る

こんな感じです。参加するならば有意義なものにしたいですね。

\あわせて読みたい/

-インターンシップ

Copyright© nakayanblog , 2021 All Rights Reserved.